女性ホルモン サプリ 胸

バストの衰えについて正しく知ることも重要

若いころは全然気にもしなかったバストの形とハリ、少し崩れて来たからと言ってあわてなくても大丈夫バストエクササイズで元の形とハリを取り戻す事が出来るのです。

 

でもどこをどうすれば良いのか判らない人も多いと思います。そんな人はまずバストの基本から覚えた方が効果的ではないでしょうか。

 

バストの形を整えてハリを維持しているのは胸の筋肉大胸筋です。両手を合わせて力を入れると浮かび上がる筋肉ですが誰でも知っている筋肉です。

 

加齢とともに大胸筋が衰えてくるとバストの形は崩れハリを失ってしまいます。バストの形とハリを保つにはこの大胸筋を鍛えればいいのです。

 

大胸筋を鍛える方法は沢山あります。自宅で簡単にできる方法を覚えてください。負荷をかける為にペットボトルを使います。ペットボトルを両手に持って前へならえをします。そのまま両腕を180度広げて元に戻せばいいのです。

 

この動きをゆっくり回数を決めて行います。最初は10回程度、少し筋肉が痛くなりますが毎日休まず続けます。

 

すると筋肉の痛みは無くなります。そこで回数を増やしてください。時間はかかりますが、コツコツやっていれば必ず結果になって現れます。

 

マッサージは日常の習慣するのがベター

バストはマッサージをすると大きくなる事は良く言われていることですし、実際大きくなる事が判っています。

 

バストのサイズアップを図るには効果的なマッサージが必要です。それでは効果的なマッサージとはどこをどの程度マッサージすることでしょうか。

 

バストの形は円錐形をしています。その円錐形に沿って円運動を行います。先ず自分の右手で右のバストを下から抱え込みます。同じように左手は左のバストを下から抱え込みます。

 

これで両手の指先同士が触っていると思いますが両手をそれぞれ外側に向け円運動させます。この時もゆっくりと優しく滑らせてあげる事が大切です。この動きも回数を決めて行いますが増やす必要は有りません。

 

次にやはり両方の手でバストを抱え込み、今度は両方の手を下から上へと動かします。バストを上に持ち上げる様な動きですが、持ちあげるのは少しだけ、両手は上方向に滑らしてください。

 

また、バストマッサージは優しさが大切ですが、マッサージ用のクリームを使ってみるのも良いかもしれません。

食もある意味もっとも大切なバストケア

バストアップはエクササイズやマッサージが効果的ですが食事療法も無視できません。バランスのとれた食事をして栄養価の偏りをなくすことが女性ホルモンの分泌に大きく影響するからです。

 

そしてバストの形やハリには女性ホルモンが必要な事は言うまでも有りません。

 

女性ホルモンの分泌を助け働きを促進する食べ物や女性ホルモンのバランスを整えてくれる食品をとれば結果として美しい形をしたハリのあるバストへの近道になります。

 

一般的に言われている女性ホルモンの分泌を促進する食品はタンパク質です。タンパク質は摂りすぎると腎臓疾患や糖尿病の元になりますが、3大栄養素の一つです。

 

体を作る物質でコラーゲンやケラチンの生成には欠かせない栄養素です。タンパク質と言えば肉や魚が浮かびますが大豆やゴマ等にも含まれています。

 

まta、女性ホルモンのバランスを整えるにはビタミン類が有効です。特にビタミンEはその働きが大きく、自然食品の中では落花生やホウレンソウ、ナッツ類に多く含まれています。